お金を借りるなら安心の三井住友銀行で!

誰でも急にお金が必要になったりお金を借りたい!と思ったときに、どうしても他で都合がつかない場合は、カードローンなどでお金借りることをを検討するでしょう。
借金なんて・・・と躊躇してしまう人もいるでしょうが、必ずしも悪いものではないのです。
信頼できる借入先で必要な時に適切な額のお金を借りることは、返済日にきちんと返済すれば、何も怖がるようなことは起きないのです。
お金を借りる方法やお金借りる申し込み方法は、様々あります。
特に消費者金融など一般的なキャッシングに抵抗がある人は、銀行など公的な金融機関からカードローンなどの形で申込みをして、そこからお金借りるのではいかがでしょうか。
安心できる借入先としては、三井住友銀行など大きな銀行が良いでしょう。
三井住友銀行は、年4%〜という低金利でカードローンキャッシングを組むことができます。
契約限度額は800万円までなので、一般的な借り入れであれば十分に足ります。
さらに300万円以内のローンであれば収入証明書の提出も不要で、気軽に借りることができるのです。
また、30分程度の審査で即日融資も可能で、急いでいる人にとっては頼もしい味方になってくれます。
しかも三井住友銀行と言えば、言わずと知れたメガバンクです。
日本全国に支店やATMがあり、コンビニのATMとも提携していますので、使いやすいカードローンといえます。
これはつまり、お金を借りるのも返済するのも非常に便利に行えるということです。
大手銀行の安心と実績、そして便利さを考えれば、これ以上利用しやすい借入先はありません。
自分の必要な金額や返済方法や申し込み方法、ローンの種類などをよく調べ、検討したうえで申込みするようにしましょう。
インターネットでの申込も便利ですよ!

金融会社と他の金融機関との違いについて

お金借りたいときなどに知っておくと便利な情報をお伝えします!
まず、金融会社とは消費者金融や信販会社などの貸金業を専門に行う金融機関を指す言葉です。
金融機関には銀行や信用金庫などのように預金業務を行うことのできるものもありますが、貸金業者は預金業務を行うことはできません。
預金業務の有無は融資の際の金利に大きな影響を与えます。
預金業務が可能な銀行や信用金庫では融資のための資金を顧客の預金から調達するので調達コストがかからないというメリットがあります。
一方で預金業務の出来ない金融会社では融資のための資金を銀行などから借り入れて調達するため、その分だけ金利を高く設定しなければなりません。
このため、一般的にカードローンやキャッシングの金利は消費者金融よりも銀行のほうが低くなっているのです。
銀行は銀行法という法律を根拠法として業務を行いますが、消費者金融や信販会社は貸金業法を根拠法としている点も異なるところです。
この根拠法の違いで利用者の借り入れ可能な金額も変わってきます。
貸金業法では過剰な貸し付けを予防するために総量規制というルールが定められていて、年収の3分の1を超えてお金を貸し付けることはできないようになってしますが、銀行法ではそういったルールは一切存在しないため、原則的にはいくらでも貸し付けが可能となっています。
総量規制が適用されるかされないかということは申し込みの際の必要書類の違いにも関わってきます。
金融会社の場合は50万円以上の借入については所得証明書の提出が求められるのが一般的ですが、これは年収の3分の1を超えていないかチェックする必要があるからです。
これに対して銀行はチェックが必要ないため、100万円を超えるような多額の借り入れでも所得証明書の提出が必要ないことがほとんどです。